こんにちは、さつきです。年齢は41歳、2歳年上の夫と小学生の息子がいます。

夫とは仲良しですが、数年前はセックスレスに悩んでいました。また夫は「死ね」と言ったり、「行かん」「知らん」というように語尾がきつくなりました。

他の旦那さんなら「死ね」はともかく「行かん」「知らん」ぐらいは当たり前かもしれません。でも夫はもともと優しい言葉を使う人だったので最初は驚きました。

原因は分かっているんです。私が昔から夫に使っていた言葉だからです。つまり私と性格が似てしまったんですね。

自分はさんざん夫に暴言を吐いてきたカオス妻な私。夫が同じような口調になったからって悲しむのは矛盾がありますよね…。

参考:夫に死ねと言ってしまう私。反省して自分を変えるべき?

でもどうしてももとの夫に戻ってほしいと願う私は、思いっきりキレることにしたんです。「これ以上私を雑に扱うのは許さない!丁寧な言い方をしろ!」と。

本当はこんなことを言ったら逆に離婚されるんじゃないかと不安でしたよ。でも、これ以上我慢できなかったので覚悟を決めました。

そしたら夫はびっくりしたようで、きつい言い方をしなくなったのです。私がここまで怒っていることに気が付いていなかったのでしょう。

「同じことをし返したら同類になる」という考えもあると思いますが、私は言い返すこと、一度キレてみることに賛成です。夫に存在を認識してもらうためにも、思っていることをはっきりと伝えてみましょう。

言い方がきつい夫

叫ぶ少年

私と夫は普段ほとんど話をせず、話すタイミングと言えば夕飯のときか、寝室で夫がパソコンデスクに座ってゲームに夢中になっているときです。話す内容は「ねぇ、どこか行こうよ~」とか「夕飯食べに行こうよ」ぐらいなもの。

夫は私の話しかけをほとんど無視します。しつこく聞くと「知らん」とか「行かん」などまともな返事をしません。しかも言い方がきつくて吐き捨てるように言われます。

確かに私も語尾はキツイですが、同じことを相手にされるとこんなに嫌な気分になるものかと痛感しました。

また追い打ちをかけるように夫は私の口癖を真似するようになりました。それは「死ね」です。

確かに私自身もイライラするごとに夫に「死ね」と言っていました。例えば仕事から帰宅が遅いと「早く帰ってこいよ、死ね」とか「こんなに物を散らかしやがって、死ね」とかです。

その口癖が夫にも移ったらしいのです。自分が言われるのは嫌な気分ですね…。

因果応報を感じながらも、反省できない私。もとの優しい夫に戻ってほしいという気持ちが消えず、一人でもんもんとする日々が続きました。

言い方がきつい夫への4つの対処法とは?

4の標識

一人で考えても仕方ないと思い、私は他の奥さんが夫の冷たい言い方にどう対処しているのか調べました。「なるほど」と思った意見をピックアップしますね。

1.下手に出る

夫がきつい言い方をしたら「どうしてそんな言い方をするの~?私悲しいな」と可愛く言ってみます。悲しい顔をして傷ついた様子を見せるのがGOOD。

すると夫は「どうしたのかな?」と思って態度を緩めるだろうという戦法です。

この意見を見た瞬間に「あぁ、私のガラじゃないな」と思いました。1回目は可愛く振舞えるかもしれないけど、2回3回でも夫がきつい言い方だと同じように可愛くは言えそうにありません。

この戦法は穏やかな性格の奥さんならできそうですが、夫につっけんどんな態度をとってしまうカオス妻には難しいのではないでしょうか?

2.指摘する

夫のきつい口調を録音しておいて、あとで冷静になった時に聞かせるという戦法です。わざときつい言い方をしている夫ではなく、妻を傷つけていると自覚していない夫に有効でしょう。

このときのポイントは夫に言いたいだけ言わせること。1のように途中で遮ってはいけません。

確かにこれなら試しみる価値はありますね。私の場合も夫に「あんた言い方がきついよ」と言っても「そんなことない」と自覚していませんでしたから。

ただ逆切れする夫には火に油を注いでしまいそうなので通用しないでしょう。

3.いいところを見るようにする

夫のきつい言い方を我慢して、他にいいところを見つけるように努力する戦法です。どうしても波風を立てたくない、離婚が怖いという奥さまにおすすめの戦法です。

カオス妻の私には絶対無理です。もともとネガティブな性格なので、他人のいいところばかりを探すことはできません。

4.キレてみる

夫と同じような言い方をし返す、またはキレてみるという戦法です。 夫がブスっとしていたら妻もブスっとする。夫が無視してくるなら妻も無視する。

同じレベルで夫にされたことをそのまま返します。夫の態度にどんなに妻が傷ついているかを分からせる過激なやり方ですね。

これはカオス妻にもできそうな方法のように思えます。私もこの意見を採用しました。

ただ、夫がやくざのように怖いタイプの男性だと辞めたほうがいいかもしれないですね。手を出されたら怖いので。

夫のきつい言い方を治した私の方法

紙とペン

私の夫はもとは穏やかな性格なのと、私自身が我慢が利かない性格なので、「4.キレてみる」戦法を使うことにしました。

ある休日、「どこか行こうよ」と話しかける私。夫はいつものようにパソコンの前に座って無言で返事をしません。

また私が「ねぇ、行こうってば!」というと、夫は「行かん」と言い捨てました。そこで「4.キレてみる」の登場です。

さつき
オイ、お前。いつも私を放っておいて自分の用事があるときばかり勝手に出かけやがって!自分のしたいことしかしたくないなら離婚しろ!お前ひとりで生きていくんだな!

夫に向かって怒鳴るように言いました。子どもも聞いていましたが関係ありません。

このとき、たまりにたまった感情があったので、私は容赦しませんでした。ちょっとでも「私も悪いところがあるから、夫を許そうかな」などと思ってはいけません。

すると夫はビックリしたようで、少し考えて「なら、何時になったら行く?」と聞いてきました。なんと夫にはこの言い方が効果あったようです。

私がもし同じことを言われたら逆切れしてしまいますが、性格によってこうも違うんですね。

またある平日の夜、夫が仕事から帰ってきたときのことです。いつもは夕食を用意しておく私ですが、その日は身体がだるくて準備できませんでした。

夫が「ねぇ、ごはんは?」と聞いてくるので「ないわ」と言うと、「死ね」と言われました。

そこで再び「4.キレてみる」の登場です。

さつき
私はな、うつ病を抱えながら苦手な家事をしているんだよ!お前は私を手伝うこともせず、いつも任せきりだよな!人の苦労も分からんような奴が偉そうにすんなよ!お前もたまにはご飯を作れ!

(うつ病については以下の記事に詳しくかいてあります↓)

参考:働かない妻はいらないと思われる?なぜ夫は私に働いてほしいの?

そうすると、夫は「分かったよ、どこか食べに行く?」と折れました。

キレてみることは夫との仲がさらに悪くなるのではないかと不安になると思いますが、妻側がイライラをため込んでいるのも精神衛生上よくありません。

試しに溜まった思いを夫にぶつけてみてはいかがでしょうか?夫の態度が軟化するキッカケになるかもしれません。

自分を信じることの大切さ

前を向く女性

ほとんどの奥さんは私がやったような方法に抵抗があるかもしれません。「逆切れしたら夫の気持ちが離れていくのではないの?」とか「離婚になったら困る」と思うでしょう。

私も最初はそうでした。なんだかんだ言っても夫のことは好きだったし、今更離婚してシングルマザーへの険しい道を歩みたいとも思いません。

でもいつまでもモヤモヤを抱えていても、今度は妻の方が参ってしまうでしょう。今はとにかく我慢をしないこと。自分の思いを信じることが大切です。

もとは私が蒔いた種だとは分かっていますが、夫婦は喧嘩両成敗、どちらも迷惑をかけ、迷惑をかけられて生きているんです。

自分の悪いところだけを思い出すのはやめて、前を向いて歩いていきましょう。あたながどんな性格だとしても罪悪感は罪ですよ。

◎私が離婚せずにいられる理由はこちら

おすすめの記事