こんにちは、さつきです。

年は40歳で、2歳年上の夫と小学生の息子がいます。

今は幸せに暮らす私達ですが、以前は夫とギクシャクしていました。

その理由は「育児が苦手」だから。

もともと子どもは苦手でしたが、実際子どもを産み育ててみると、思った通りイライラばっかりして上手くいきません。

夫は子どもが好きでしたが、私の育児能力のなさに「子どもは一人でいい!」と切れてしまいました。

子どもの存在が重荷で仕方ない私

子どもをだっこする女性

子どもを出産してから、私は産後うつになりました。

産後うつだと思った理由は、とにかく体が重くて言うことを聞かないからです。

出産して3か月は実家にいたのでいろいろ世話を焼いてもらえましたが、自宅に戻ると夫と私、子どもしかいません。

まさか自分がうつ病になるなんて思ってもいなかったので、病院に行かず誰にも頼らず一人で子どもと格闘しました。

掃除や洗濯は適当になり、2階の寝室は足の踏み場もないほどぐちゃぐちゃになりました。

さつき
もともと子どもが苦手なのに、出産でうつ病になるなんてついてない…

愕然としながら毎日子どものお世話をしました。

相手は赤ちゃんですから意思疎通があるわけでもなく、3時間ごとにおっぱいをあげたり、泣き始めたらおむつを見て変えてあげたり、抱っこしてあやしてあげたりを繰り返します。

その生活が耐えられなかったので、休日になると夫に

さつき
ねぇ、もう限界よ!なんとかして!

と責め寄りました。

すると夫は仕方なく義両親に電話し、

ねぇ、うちの奥さん、子どもと一緒にいられないと言っているから休みの間だけでも見てあげてよ

と言って、子どもを毎週、夫の実家に預けていました。 

夫は私のせいで義両親に迷惑をかけてしまうのが嫌だったみたいです。

子どもが成長しても大変さは変わらない

辛そうな女性

子どもが保育園に通い始めた1歳半になってからも、私の子どもに対する苦手意識は変わりませんでした。

もう赤ん坊ではなく「ママ」とか「まんま」と言えるまで成長したとはいえ、私にとってはまだまだ未知の生物。

一緒に家にいるときはずっとまとわりついてくるし、片時も目を離せないしで、ノイローゼになりそうでした。

さつき
やっぱり子どもは苦手だ…

何もすべきことがない空間でのんびりしたい。

贅沢な望みかもしれないけど、隣で子どもがギャーっとうるさく騒いでいると、全てを放り出して逃げ出したくなるのでした。

育児を乗り切るには人に頼ること

協力

経験から言うと、自分が子育てを頑張れば頑張るほど子どもは重荷に感じます。

親だって一人の人間、向き不向きがありますから、もともと子育てが苦手な親が育児を完璧にこなすこはできないのです。

解決方法はただ一つ、子どもを誰かに預けることです。

私がしたように義両親にでもいいですし、自分の実家、保育園や幼稚園、子どもを預かってくれるシルバー世代の登録家庭、24時間一時預かり保育の施設を探すのもいいでしょう。

身内に預かってもらう以外だとお金がかかりますが、子育ての辛さを考えると背に腹は代えられません。

子育ての辛さが減ると自動的に子どもに愛情が沸いてきます。

だから無理して一人で子育てを頑張るのではなく、誰かの助けを求めてくださいね。

まとめ

子育てがつらい、苦しいと感じるなら、まずは誰かに頼りましょう。

自分の両親や子育て支援センター、市役所の子育て支援課など、相談できる場所はいくつもあります。

自分だけで抱え込むのは児童虐待につながる危険性があるのでよくありません。

自分から行動を起こして助けを求めましょう。

他人に頼る前に、まずは取りかかりとして夫に相談するのもいいかもしれません。

夫も子どものこととなると真剣に対応してくれるのではないでしょうか?

もしあなたの訴えを無視するようなら、夫婦関係は危険です。

できるだけはやく夫との関係を相談できる人も見つけましょう。

参考:【モラハラ妻 VS 冷たい夫】夫婦仲の改善方法は人に相談することです

おすすめの記事